スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- 
スポンサー広告 | Top ▲

試練の厄除け(パート1)

2012年、前厄人になったので
厄除けしてきました

IMG_8923.jpg

よく節分までに行くとイイってきくけど
人数少ない時に行ったほうが祈祷威力も強いかなと思い(関係ない!?)
あえての節分翌日の2/4に
(同じことを考えてか、結構たくさんの方が厄除け来てましたよ)




立木観音さん、厄除けで有名な場所だそうです


815年(弘仁6年)、空海(弘法大師)がこの地に立ち寄った際、瀬田川の対岸に光り輝く霊木を見つけた。ところが川の流れが速く、渡れないでいるところに白鹿が現れ、大師を背に乗せ対岸まで導いてくれた。白鹿はたちまち観世音菩薩に姿を変え、虚空に消え去ったという。この奇跡に感服した弘法大師は霊木に五尺三寸の観世音菩薩像を彫刻し、それを本尊としてこの寺を建てたという。この時、空海が厄年の42歳であったとされるため、広く厄除けの霊験あらたかな観音像として信仰されることとなった。 (wikipediaより抜粋)

こ~ゆ~話、いいなぁ。
…という安易な理由だけで、
ここのお寺を選びました。


滋賀県大津市。
琵琶湖線の石山駅から、
まず…京阪バスで瀬田川沿いを山方面に
25分くらい揺られ(とっ、遠い!)
IMG_2032_20120206201146.jpg

バス停を降りたら、さっそく石段スタート!


IMG_6945.jpg

なんと八百余段!!

えぇ、えぇ…それを覚悟して参りましたよ

祈祷して頂くからには、一応ね、
ワンピースかスーツで正装して行こうと思っていたけど
ココに限っては、絶対スニーカーかペッタンコブーツで!!
間違ってパンプス履いてこなくて本当によかったです

IMG_3361.jpg

ひぃー!結構石段のぼりにくいわぁ

一人でブツブツ言いながら
最初はサクサク登ってたんだけど
50段目あたりから、
マラソン大会を思い出すあの血の味~ウゥゥ…
IMG_5758.jpg


高山病か(そんな標高高くないか。)
前日の二日酔いか
バス酔いか
原因はわからないけど(100%運動不足!)
とにかく
動悸息切れが止まらず(救心ください~)
なんども途中で休んでみました
がんばれ、30歳!
がんばれ、元バレーボール部!!



途中、ご年配の方に抜かされながらも
なんとか無事に到着

どれだけ運動不足か、痛感いたしました。。


到着後、ユズ湯を頂きました
IMG_2954.jpg
無事、蘇生


ファミリーで来てる方もたくさんいました
厄年以外の人を一緒を連れていくと
変な厄を貰ってきちゃうと聞きますが、
それは全くないそうですね。
むしろ、家族みんなで厄が払われるようにお願いすることは
意味があるような気がします

だったら、夫クンと一緒にいけばよかったかしらん


往路は、上りでゼーゼー約25分かかり
復路は、下りでラクラクで10分かかりませんでした

上りでどれだけ自分の体重が負担になってんでしょ


例の如く、長くなってしまいましたので
パート2に続きまーす。

スポンサーサイト

2012/02/07 
関西紹介Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。